独立してもできる管理職の仕事

IT業界の現場で管理職として有能であるためには、エンジニアとして現場で働いた経験があることが大事だ。
しかし、その経験だけでは現場の指揮を行うことすら難しいのが事実であり、それ以外の才能やスキルがなければ管理職は務まらない。
そのため、人材もタスクも管理できるマネジメントスキルがあることが必須である。

また、対外的に交渉を行うことも増えることからビジネススキルがあることも必須であり、経営に関する知識も一通り揃えていることが望ましい。
しかし、エンジニアとして働いているとIT関係の知識や技術を習得するのに執着してしまい、マネジメントスキルやビジネススキルが不足していることが多い。
そのため、有能なエンジニアが集まっている会社ですら、社内で管理職を探すことが難しくなっている。

社内から探すのが難しい場合には社外から探す必要が生じるが、その際にフリーエンジニアを起用することが増えているのが現状だ。
結果として、独立して仕事を始めたフリーエンジニアは、管理職になる機会を見つけられるようになっているのである。
独立して仕事をしていると、経営に関する知識やタスクのマネジメントスキルは自然と身に付く。
それに加えて営業と交渉を行いながら仕事を獲得することになるため、ビジネススキルも習得できることが多い。

フリーエンジニアは管理職になるための素養があると期待できることから、積極的に独立したエンジニアに管理職として働く機会を与えている企業も増えてきている。